サプリメントって?

サプリメントについて詳しく知っておこう

健康ブームである日本では健康補助食品としてのサプリメントは高い認知度を誇ります。このページではサプリメントの概要についてご紹介します。

形状はクスリ しかし似て非なるモノ

サプリメントを健康補助食品として利用している方はたくさんいると思います。健康ブームである日本ではもはや珍しくないほど利用者が増えたこともあり、今ではダイエットや女性にとってベストな体型を維持するためのバランスフードとしての地位を獲得しています。サプリメントが一番利用されているのはアメリカで、このアメリカでは日本と違って食品とクスリの丁度中間に「サプリメント」というカテゴリが設けられています。このサプリメントは、ビタミンやアミノ酸といった人間に必須となる栄養素を最低1種類含まれている栄養補給を目的にした商品としての定義がされており、健康補助「食品」という名を冠しながらその形状はクスリと似ているなど、やはり完全な食品とも言えず完全なクスリとも言えない中間の存在となっています。

サプリメントの立ち位置

基本的に人間は口から摂取したものを体の中で分解・吸収して栄養素を補給しますが、この「口から摂取」するものは日本国では食べ物とクスリだけです。健康補助食品であるサプリメントは厳密に言えば食品のカテゴリに含まれており、クスリのカテゴリとなる成分が含まれてさえいなければ、特別に専門の機関からの承認がなくとも製品として販売することが可能、となっているそうです。しかしこの販売にも縛りがあって、許可なしに発売するのであれば製品のパッケージなどに「○○の予防・治療に効果がある」といった表記をすることが法律によって禁止されています。

この法律のお陰で健康食品やサプリメントは包装されている袋やパッケージに服用することでどういった効果があるかという摂取効果の記載がされていませんが、ある一定の基準をクリアしている栄養補助食品、専門機関の審査をクリアした健康食品に限っては効果・効能の表示が認められています。

サプリメントは安心?安全?

サプリメントは食品として区分されているので、医薬品のように市販前に専門の機関の厳しいチェックや審査がなくとも販売することができます。 そして上記にあるように、特別な審査なしに販売できるかわりにどういった症状に効くか、どういった効果があるのかという効果表示はされていないので、「どういった効果があるか分からないものは不安」と感じる方もいるでしょう。こればかりは我々市民では一つ一つ確認することは不可能なので、 ラベルに表示されている成分がきちんと記載通りに含まれているかどうかは製造元を信頼するほかありません。

情報化社会だけに情報の鵜呑みは危険

健康ブームである我が国日本では、毎日の食生活の補助を初めとして、特に女性に大人気のサプリダイエットや体型維持、体調不良や健康維持を目的に連日CMや広告などを目にすることができます。忙しい社会人であれば毎日の食事の栄養が疎かになったり、睡眠時間が削られるなどやむ得ない状況からサプリメントを利用する方もおり、そういった人たちを初めとして利便性に優れたサプリメントで栄養補給する方が年々増えつつあります。 ただ、メディアの力が大きいことを示すように、健康番組でひとたびサプリメントが紹介されれば皆こぞってサプリメントを購入するようになりましたが、表示されている栄養素の量を詐称したサプリメントが摘発されたことがニュースで流れれば水を引いたようにサプリメント熱が冷めるなど、健康への意識が高い日本人はテレビなどのメディアからの情報には敏感のようです。こういった状況はメディアからの情報を鵜呑みにしていることが原因なので、いくら声高に「健康によい」と叫ばれていても、やはり自分なりにリサーチするなど確証があってから始めて利用するべきだと思います。

最終更新日:2017/2/16