サプリメントで食生活の改善

健康は毎日の食生活から

サプリメントはその携帯性や簡単に摂取できる利便性から、特に生活が荒れがちな20代〜40代の方々(男女問わず)に利用されています。 しかしサプリメントに頼って普段の食生活が疎かになってはいつまで経っても健康状態を回復することは難しくなります。サプリメントは食生活の補助食品なので、まずは普段の食事の栄養に気を付けるところから始めてみましょう。

サプリメント摂取する際は摂取量についても気を付けなくてはいけません。例えばビタミンC。これは我々人間にとって必要となる代表的なビタミンですが、研究の結果ビタミンCを過剰摂取すると体内で全てを分解・吸収することができなくなり、最悪の場合は発ガン性物質を発生させることが発見されています。サプリメントも同じように、きちんと用法・容量を守らなければ体に意味がないばかりか、逆に体に害を及ぼす危険性があります。市販されているサプリメントにはラベルに1日の適正摂取量の目安が記載されているので、必ず確認するようにしましょう。

充分に足りている栄養をサプリメント補給しても意味がないので、まずはどんな栄養素を摂取するべきかを調べてからサプリメントを採るように注意しましょう。有名な成分であるビタミンA/B/Cやカルシウムなど、知名度が高い物だけサプリメントで摂取する方がいますが、人間の体は基本的に栄養素が充分であれば余剰分は尿などで排泄するのであまり意味がありません。健康体を維持した良いのであれば、必ず自分に必要な栄養素だけをサプリメントで補うようにするなど効率的な摂取が好ましいです。また、摂取する栄養素の種類によっては単一で摂取するよりも他の栄養素と併せた方が吸収率が高くなるものもあるので、そのあたりもリサーチした上で選ぶようにするのが一番です。

サプリメントの多くは粉末状であったりカプセルや錠剤タイプになっているので、基本的には保存にむいています。しかし長時間高温の場所に放置されていたり湿気がすごいところに置いたままでは品質が劣化してしまうので、高温多湿を避けた常温保存が好ましいと言えます。サプリメントによっては保存方法があらかじめ決められているものもあるので、サプリメント購入後は必ず保存方法を確認しておきましょう。

pickup

小宮生也
http://www.khk.gr.jp/introduce/2331190.html

Last update:2017/2/16